in vitro

その他

抗アレルギー作用評価試験

ロイコトリエン遊離阻害試験
対象/検体 培養細胞(ヒト前骨髄球性白血病細胞 HL-60)
測定項目 ロイコトリエン
試験物質 薬剤、食品素材、食品抽出物等
測定方法 ヒト前骨髄球性白血病細胞HL-60を好中球様に分化させ、カルシウムイオノフォア刺激により、
ロイコトリエンを産生させます。
この時、目的の試験物質を同時に添加し、ロイコトリエン産生への影響を評価します。
ロイコトリエン量は、ロイコトリエンC4, ロイコトリエンD4, ロイコトリエンE4をELISAにて測定します。
説明 ロイコトリエンは、アレルギー性の炎症反応などに重要な役割を果たす化学伝達物質のひとつで、
アレルゲンにより刺激された白血球や肥満細胞から放出され、アレルギー症状を引き起こします。
備考 多種の試験物質の抗アレルギー作用のスクリーニングにおすすめします。
ヒスタミン遊離試験
対象/検体 ヒト全血 (冷蔵便にて24時間以内の到着をお願いします)
※試験物質に対するアレルギー保持者の血液(EDTA採血)
測定項目 ヒスタミン
試験物質 食品素材、食品抽出物等
(溶解性等の確認のため、血液検体の送付より事前にご提出下さい)
測定方法 目的の試験物質に対してアレルギーのある被験者の血液から好塩基球を含む白血球分画を採取し、試験管内でアレルゲン(試験物質)と反応させ、上清中に遊離するヒスタミン量を定量します。
説明 ヒスタミンは、好塩基球や肥満細胞の表面レセプター上のIgEとアレルゲンとの反応により遊離し、即時型アレルギーを引き起こします。
備考 この試験には、試験物質に対してアレルギーを持つ被験者血液が必要です。
被験者の募集は御社にてお願いいたします。

ストレスマーカー

精神的・肉体的ストレスは免疫系に影響を与えることが知られています。
NK活性と併せて測定することにより、NK活性変動の作用機序を推測することも可能です。

コルチゾール
対象/検体 ヒト
測定項目 コルチゾール
試験物質 血清 0.5 ml(凍結後、冷凍便で送付下さい)
測定方法 CLIA法(外部委託)
説明 コルチゾールは副腎皮質刺激ホルモンの作用により副腎皮質束状層から分泌される代表的なグルココルチコイドで、心理的・身体的ストレスの1つの指標として考えられています。
また、コルチゾールはNK細胞などの免疫作用を抑制することが認められています。
備考 コルチゾールの分泌は概日リズムを持つため、複数回測定を希望される場合は、採血時間を一定にすることをお奨めします。
カテコールアミン(3分画)
対象/検体 ヒト
測定項目 アドレナリン, ノルアドレナリン, ドーパミン
試験物質 血漿 1.1 ml (凍結後、冷凍便で送付下さい)
測定方法 HPLC法(外部委託)
説明 カテコールアミンは主に脳、副腎髄質および交感神経に存在する生体アミンの総称で、
生体内ではアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンの3種が知られています。
アドレナリンとノルアドレナリンはストレス反応の中心的役割を果たし、
ドーパミンは快楽の感情、意欲などに関わると考えられています。
備考 カテコールアミンの分泌は概日リズムを持つため、複数回測定を希望される場合は、採血時間を一定にすることをお奨めします。
8-OHdG
対象/検体 ヒト
測定項目 8-OHdG(8-ヒドロキシデオキシグアノシン)
試験物質 血清 0.5 ml(凍結後、冷凍便で送付下さい)
測定方法 ELISA法
説明 8-OHdGは活性酸素種によりDNAが酸化損傷を受けて生成される物質の1つで、
酸化ストレスを反映するバイオマーカーです。
酸化ストレスとは、生体内における活性酸素種と抗酸化システムのバランスが崩れ、
酸化反応が優位になっている状態と定義されています。
備考 溶血した検体は測定できません。

テロメア長

対象/検体 ヒト全血
測定項目 平均テロメア長
測定方法 全血からDNA抽出後、定量PCR法により平均テロメア長を測定します。
説明

テロメアは染色体末端に存在するTTAGGGの6塩基を単位とする反復配列で、染色体の安定性を保ち、遺伝情報を保護する役割を担っています。
テロメアは加齢とともに短縮していきますが、遺伝および環境要因から影響を受けるため、その速度は個体毎に異なります。
同じ年齢であっても、テロメアが短い方が心臓病やがん、
2型糖尿病などの加齢関連疾患を発症するリスクが高い可能性が報告されています。

備考 必要検体量は全血 2 ml です(EDTA-2Na)。採血後、凍結状態でご提出下さい。

SIRT

対象/検体 ヒト全血
測定項目 SIRT1mRNA
測定方法 全血からRNA抽出後、定量RT-PCR法によりSIRT1mRNA発現量を測定します。
説明

SIRTは、もともと酵母や線虫の寿命を制御するSir2遺伝子として発見されました。
生物種を超えて高度に保存されており、ヒトをはじめとする哺乳類では7種類のサーチュイン(SIRT1~7)が存在します。

本測定では、このうちSir2と最も高い相同性を示すとされてるSIRT1遺伝子の発現量を測定します。
SIRT1は、p53、FOXO3、PGC-1α、LXR等の転写因子の脱アセチル化を介して多くの細胞機能に関与し、様々な臓器・組織における代謝制御、ストレス応答を中心とした生理作用を持つことが報告されています。
実験動物モデルにおいて、SIRT1活性化により糖尿病や心血管系疾患、
神経変性疾患などの加齢関連疾患の発症を抑制する可能性が示されています。

備考 必要検体量は全血 2.5 ml です(事前に専用の採血キットをお送りします)。
採血後、凍結状態でご提出下さい。