よくある質問

歯周病と認知症って関係あるの?

厚生労働省が3年ごとに実施している「平成29年(2017)患者調査の概況」によると、「歯肉炎及び歯周疾患」の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は、398万3,000人(平成29年10月時点)でした。

また、米ルイビル大学のJan Potempa博士らの研究チームは、2019年1月23日、米国の科学ジャーナル『Science Advances』において、慢性歯周炎の原因細菌であるポルフィロモナス・ジンジバリス菌がアルツハイマー病患者の脳内で確認された」との研究論文を公開しました。

この歯周病と認知症の関係性の研究が進むことにより、歯周病予防が更に注目される可能性があります。
歯周病を予防する歯磨き粉は数多く発売されているようですが、歯のジャンルは受理されるのか謎のため、食品では口腔ケアはまだ少ないジャンルです。
弊社では様々な臨床試験(ヒト試験)の実績もございますので、気軽にお問合せください。

食品の臨床試験(ヒト試験)のご相談は東京品川区 免疫分析研究センターへ

カテゴリ一覧へ戻る