よくある質問

サプリメントは食品だから臨床試験は不要ではないか?

日本のサプリメント市場は2兆円規模ともいわれ、様々な効能、目的に沿った商品が販売されています。
東京都が行った「平成30年度健康食品試買調査」によると、健康食品売り場や通信販売で入手した製品の一部に不適切な表示、広告が見られました。

また、2019年8月に国民生活センターが発表した「錠剤・カプセル状の健康食品の品質等に関する実態調査」では、サプリメントが胃の中できちんと溶けているか試験したところ100銘柄のうち42銘柄が、定められた規定時間内に溶けなかったことが報告されています。

このような情報からサプリメントの効果、品質を臨床試験やin vitro試験等で検証しなければ、消費者に購入してもらうことは難しくなるのではないでしょうか。

この機に臨床試験で商品の効果を客観的に証明し、売り上げアップにつなげましょう。
弊社では試験提案から結果の統計解析までを一貫して承っておりますので、気軽にご相談下さい。

食品の臨床試験(ヒト試験)のご相談は東京品川区 免疫分析研究センターへ

カテゴリ一覧へ戻る