よくある質問

アロワンスの設定はなぜ必要なのですか?

アロワンス(allowance)とは、試験実施計画書で決められた来院(検査)予定日前後の猶予期間のことです。設定された検査日が1日しかなかった場合、急に被験者の都合が悪くなり来院できないとデータを取得できません。すると、試験計画によっては当該被験者の試験を中止することもあり、必要被験者数を確保できなくなる恐れがあります。こうしたリスクを低減するため、一般には各Visitに対してアロワンスが設けられます。

アロワンスの設定日数は試験デザインにより異なりますが、食品の臨床試験の場合には2,3日~1週間程度のアロワンスが一般的です。また、プラス、マイナスどちらのアロワンスを設定することもあれば、プラス方向にしか設定しないこともあります。試験デザインや解析方法にもよりますので、一概には設定することができません。
試験計画案に不安がある場合は、まずは今お持ちの情報を元にご相談ください。

食品の臨床試験(ヒト試験)のご相談は東京品川区 免疫分析研究センターへ

カテゴリ一覧へ戻る