よくある質問

ノンコンプライアンスとは何ですか?

ノンコンプライアンス(non-compliance)とは、日本語で表現すると「服薬不遵守」です。医療の分野で医師の指示に患者が従わないという意味で用いられる用語ですが、具体的には、患者が勝手に服薬を中止したり、飲み方や量を変えることを指します。
医師の指示を誤って認識して規定と異なる方法で服用した場合や、患者が症状が完治したと思い込んで薬剤の服用を中止した場合もノンコンプライアンスに該当しますので、必ずしも故意にとった行動で発生するケースばかりとは限りません。
厳格な管理体制で実施される治験でも、ノンコンプライアンスは発生します。同様のケースを食品の臨床試験で防ぐためには、事前に試験食品について図解も含めた分かりやすい資料を準備すること、医療機関スタッフに試験食品について正しく理解いただくための説明を行うこと、試験食品の説明用見本を準備しておくこと、万が一梱包ミスで分包内の入数が少なかった場合や紛失時を見越して予備分を同梱しておくようにする等の対策方法があります。

食品の臨床試験(ヒト試験)のご相談は東京品川区免疫分析研究センターへ

カテゴリ一覧へ戻る