よくある質問

キノコで機能性表示!?

2019年11月12日、長野県JA産えのきたけが機能性表示食品として受理されました。

2015年に生鮮食品へ機能性表示食品の表示が認められ、消費者庁が2017年に機能性表示の届出がされていた件数を調査した結果、生鮮食品は9件でした。しかし、2019年12月5日では45件に増加しました。この数値はサプリメント形状の加工食品、その他加工食品よりは件数が少ないですが、まだ件数が少ない現時点で機能性表示を申請することにより他社、他県と商品の差別化を図ることが出来るのではないでしょうか。

「生鮮食品で臨床試験(ヒト試験)ってどうしたらいいのか分からない。」という場合であっても、弊社では試験検討からデータ解析まで一貫してサポートしていますので、臨床試験をしたことがない企業様も安心です。

何か弊社でお役に立てることがありましたら、気軽にご相談下さい。

食品の臨床試験(ヒト試験)のご相談は東京品川区 免疫分析研究センターへ

カテゴリ一覧へ戻る